本文へスキップ

40代・50代主婦、未経験・無資格から介護職員になるには?転職・再就職・求人の探し方。

ちょっと待って!退職して後悔しない?



現在介護職員をされている、もしくは一般の職業に就いておられるという方で、退職を考えておられる方はたくさんいらっしゃると思います。

何かしら辞めたい理由はあるのでしょう、「現在の就業先が嫌になった」「上司とはもうやっていけない」「職員に嫌いな人がいる」「給料がもっと欲しい」など、理由はさまざまあると思います。

ただ実際に退職するとなると、なかなか踏ん切りのつかない方も中にはおられるのではないでしょうか。

仲のいい職員がいたり、信頼できる上司がいたり・・・。

退職を決意するうえで、気を付けておかねばならないポイントについてお伝えしておきたいと思います。

退職を決意する瞬間とは

そんな中でも、退職を決意する瞬間というものがあると思います。

退職を決意して、すぐに職場に告げるのかどうかというのは、個人個人によっても違うのではないかと思いますし、「ボーナスをもらってから退職しよう」「現在の仕事がひと段落ついたら退職しよう」と自分なりに期限を設ける方もおられるでしょう。

いずれにしても、踏ん切りがつかなかった状況と比べて、退職しようという気持ちが大きくなった状況が「退職を決意する瞬間」であると言えるでしょう。

退職する前に必ずしておかねばならないこととは

例えば、いま勤めている職場が嫌で嫌で、もう一日も早く辞めて楽になりたいといった自分の感情が抑えられないような状況である場合は、この時点で、すぐに退職を決意して、職場にその意を表明したい状況なのだと思います。

しかしこの状況で退職を決意して、職場に報告する前に、もう一度「辞めない選択肢」がないのか、しっかりと吟味しておく必要があります。

なぜなら感情に任せて退職してしまったとして、もしも後悔してしまった時には、元に戻せる事ができないからです。

「こんなに辞めたいんだから後悔なんてしない!」このようにおっしゃるかもしれませんが、少し待ってください。

何が理由であるのかは分かりませんが、やはり辞めない選択肢も持っておくことが大事です。

これは何も退職をしてはいけない、転職をしてはいけないと言っているわけではなく、テーブルの上にひとつの選択肢として残しておくことが重要であると言っているのです。

もしも退職しないという選択肢がない場合は、退職ありきで転職先を探す事になるでしょう。

もしも今の職場よりも待遇が悪かったり、人間関係が悪かったりするリスクがある場合においても、とりあえず退職して転職したい気持ちが勝ってしまう事があるからなのです。

もしも今よりも良くない職場に転職したとしたら、最初はそれでも新鮮かもしれませんが、必ず後悔する事になります。

「退職しなきゃ良かった」「転職なんて考えなきゃ良かった」と思ったところで、もう以前の職場に戻ることは、簡単にはできないと思います。

退職によるメリット・デメリット

ここで必要なことは退職する事によって得られるメリット、退職する事によって起こるデメリットについて冷静に分析してみる事ではないでしょうか。

その分析をしっかりと行ってからでも退職するのは遅くないと思います。

退職することによって得られるメリット

現在の職場から新しい職場に移ることにより給料がアップする可能性は大いにあります。

現時点で十分なキャリアがある場合には、通常の転職ではなく給与交渉も十分可能になるでしょう。

その場合には、完全に売り手市場になります。役職や給料も現時点以上を目指すべきだと思います。

人間関係を再構築することができます。今までの職場において人間関係がネックで退職・転職を検討されている場合は、新しい人間関係の元で再度キャリアを構築することが可能になります。

自分が本当にやりたかった業務を行うことが可能です。今までの職場での業務が自身の意と反するものであった場合は、これを期に自分のやりたい業務を行うことが可能になります。

退職することによるデメリット

キャリアを積む前に退職するような場合には、退職前と比べて給与を下げてしまう可能性があります。

給与に不満があって退職を検討されている人は、退職することでその不満が解消されるのかどうかを見極める必要があります。

また退職金が少なくなるなどのことも想定できます。

転職回数が多い人は要注意です。あまりにも転職回数が多いと信用が薄れていく可能性があります。

社会的な信用度が下がると、仮に仕事がよくできる人であったとしてもステップアップすることが難しくなる可能性もあります。

人間関係が悪い職場に転職してしまう可能性があります。特に人間関係が原因で退職を検討されている方は、もう一度自身の置かれた状況を整理して考える必要があります。

人間関係というものは、自分自身を見つめ直すことで解決できることもたくさんあります。人が集まるとどうしても自分とは合わない人がいることも仕方がありません。

そのような人とも一緒に仕事をしていくためにはどうしたら良いのかをしっかりと吟味せずに退職、転職をしてしまうと、また同じことを繰り返してしまうことにも繋がるのです。

自身で反省すべき点はしっかりと反省した上で退職を決意するのであれば、デメリットも低くすることができるでしょう。

自分自身の希望した業務に必ずつけるかどうか分からないということもデメリットとして考えられます。

現在の自身の業務に不満がある場合は、次の転職先の情報などもしっかりと集めておく必要があると思います。

それでも退職を決意した場合

それでも退職を決意するという事になった場合は、それは十分吟味して自分が下した判断ですので、自分を信じて退職し、転職を行えば良いと思います。

しかし退職するとしても、退職のマナーというものがあります。退職してしまうからもう関係ないということではなく、キレイに後腐れのないように退職するようにしましょう。

人間関係のもつれから、信頼関係が築けなくなったような場合もあるかもしれません。しかし人間の繋がりというものはどこでどうなっているのかは分かりません。

以外なところで以外な人と繋がっていることもありますので、「飛ぶ鳥跡を濁さず」というのが良いと思います。

こちらが我慢して悔しい思いをすることになるかもしれませんが、大人な対応で自分自身が一回り大きくなったと自覚すれば良いと思います。円満退職は大事!

最後に

いかがでしたでしょう。

退職を決意するときというのは、気を付けていなければ転職を失敗させてしまう可能性も大いにあるということを自覚しておく必要があります。

しかし感情的になってしまっている場合、どうしても目先のことしか見えないのが人間です。

例えば人に相談するなどして、冷静に自分自身の判断が出来るようにしておく必要があると思います。

先程も申しましたが、必ず「退職しない」というカードも必ず選択肢の一つとして用意した上で検討を行うようにしましょう。


▼40代・50代主婦登録OK!
未経験可▼

介護専門求人サイト?かいご畑?

コンテンツ

★トップページ★


転職・求人サイト

介護転職・求人サイトの活用方法

秋(9月)に求人募集が増える


求人の探し方

働き方(雇用形態)

正職員とパートの違い

派遣職員のメリット・デメリット

パート・アルバイト・派遣


履歴書・志望動機・面接

履歴書の書き方

志望動機

面接のコツ

面接で聞かれることと答え方


給料

給料

待遇交渉

リーダーになって給料UP

給料が安いから抜け出す方法

夜勤・土日のメリット


介護の職場・仕事内容

在宅系と施設系の2種類

ディサービスの勤務時間

療養型通所介護とは?

ショートステイ

介護老人保健施設での仕事内容

特別養護老人ホーム

グループホーム

小規模多機能型施設

夜勤の勤務時間・業務内容

オープニングスタッフ

訪問介護(ヘルパー)に料理が苦手でもなれる?


資格

働きながら介護職員初任者研修の取得方法

介護職員初任者研修、実務者研修どちらがおすすめ?

ケアマネージャー

サービス提供責任者

生活相談員

福祉用具専門相談員

看護助手

主婦が介護の資格取得で再就職

優遇される介護の資格


介護福祉士

介護福祉士の体験談

介護福祉士の費用・最安値


看護師

看護師の転職(特別養護老人ホーム)

ユニット型特養

看護師と介護職員は仲が悪い


悩み・失敗

ブラック介護施設

1年目の悩み(人間関係・残業代・業務内容)

2年目の退職理由

3年目の壁

転職の失敗事例、2つの原因

介護転職の失敗例と対策

転職を繰り返していると採用に不利?(退職理由)

人間関係で失敗しないコツ

未経験から働き方のコツ


介護職員が知っておきたいこと

会議(ミーティング)のマナー

コミュニケーションに必要な自己覚知

バイスティックの7原則

成年後見制度とは?

リスクマネジメント

認知症ケア

要介護認定とは?


年齢別

40代女性の復職事情

50代女性未経験、転職のポイント

小さい子どものいる主婦

子供の急な病気で休みたい


その他

退職して後悔しない?

モチベーションの保ち方

介護の仕事に転職しようか迷っている人に!