本文へスキップ

40代・50代主婦、未経験・無資格から介護職員になるには?転職・再就職・求人の探し方。

介護業界への転職、給料の条件交渉が可能なパターンとは?



介護業界への転職において入社前に給料の条件交渉ができるのかお伝えしていきたいと思います。

給料の内訳はコチラ


【給料交渉はできるのか、できないのか】

さて給料交渉なのですが、実際にあるのかないのか、できるのかできないのかということで言えばあります。「できます!」

もちろん今までのキャリアが正当に評価され、期待を込めて報酬アップするということはよくある話です。

しかし、それほどキャリアがない場合や、40代50代主婦が未経験で介護職員になる場合に給料交渉ができるのでしょうか。

これについては、契約条件の交渉時には可能である場合があります。絶対できるとは言えませんが、絶対できないとも言えないということです。

ではなぜ給料交渉ができるのかということに触れながら、どのようにすれば給与交渉できるのかというポイントをお伝えしていきたいと思います。

良い人であれば、多少報酬を釣り上げても取りたい

そもそも介護業界というのは、人材不足であるのはみなさんも良くご存じである事実です。

ではどのように人材を集めるかということですが、これもみなさんご存知の求人媒体になります。

無料で掲載できる媒体ももちろんあるのですが、なかなかそれでは良い人材が集まりませんので、お金をかけて優良な求人媒体に掲載することになります。

求人媒体によっては数十万円というものも存在しますし、就職フェア―などのブースを出展する場合には数百万円というものもあります。

ようするに人材を採用するには莫大な費用がかかるのです。できれば広告費を使いたくはないのですが、使わないことには人が集まらないとも言えるのです。

ということは、本当に欲しい人が応募してきたとしたら、多少報酬を上げてでもその人を獲得したいと思いませんか。

そのままの報酬で、他の事業所に流れてしまう可能性があるとしたら、多少報酬をアップしてでも獲得したいんですよね。

採用担当としても余計な広告などに経費をかけたくないので、この人を獲得したいのが本音です。

職員などからの紹介の場合

例えば誰かの紹介でその事業所に応募するような場合は、給料交渉の狙い目であると言えます。

もしその紹介者がその事業所で信頼されている人であれば、その事業所もその人の紹介であればという気持ちがあるはずです。

さらに紹介者がこの事業所に対して、ものすごく期待できる人物であるという事が採用担当に伝わっていて、でも報酬面で他の事業所と比較検討しているということであれば、かなり可能性が高くなりますね。

「ここまでなら出せますよ」って、乗ってくるかもしれません。

資格取得者の場合

資格取得者であれば、採用面では優遇されます。

採用で優遇はされますが、給与交渉という観点で見れば、資格取得だけでは、難しいと思います。

ただし国家資格である介護福祉士社会福祉士精神保健福祉士を所持していると言うことであれば、話は変わるかもしれません。

介護福祉士は、その事業所の配置基準によっては、どんな人でも欲しいという状況があるかもしれません。

さらに、資格取得者で経験者という事になれば、話はもちろん変わります。どれくらいの経験をお持ちかによって、収入アップも可能となるでしょう。

例えば資格取得者で役職経験者や管理経験があるなどは、超即戦力になりますので、ここまでの経験をお持ちであれば、もう通常の転職活動をしてはいけません。

面接などにおいて、はっきりとそのキャリアを伝え、転職については他の事業所と比較検討していることを伝えましょう。状況が変わる可能性はあります。

それ以外の方は、自分の価値の図り方がなかなか難しいかもしれません。例えばいままで経験した仕事が介護業務ではなかったとしても、特別な経験をされているようなことであれば、それを活かすことができるかもしれません。

転職専門サイトのキャリアコンサルタントに任せよう

今まで給与交渉ができる条件について話をしてきましたが、事業所の採用担当者と実際給料・年収等の交渉を行うと言うのは、なかなか勇気のいることだと思います。

もしも自分でなかなか難しいということであれば、やはり転職専門サイトなどのキャリアコンサルタントにお任せするのが一番手っ取り早いと思います。ここにはまったく遠慮することはありません。

キャリアコンサルタントは、転職活動の間だけですし、サービスの一環として条件交渉でありますから。

自分自身のキャリアすべてをコンサルタントにお伝えし、交渉が可能かどうか確認するのが良いでしょう。

キャリアコンサルタントも数々の転職を経験されていますので、どのくらいのキャリアがあれば、どれくらいの交渉が可能か知っておられます。上手に活用しましょう!

出産・育児等でブランクがある主婦でも登録できる転職サイトはたくさんあります。40代・50代、年齢を引け目に感じることはありませんよ!


▼40代・50代主婦登録OK!
未経験可▼

介護専門求人サイト?かいご畑?

コンテンツ

★トップページ★


転職・求人サイト

介護転職・求人サイトの活用方法

秋(9月)に求人募集が増える


求人の探し方

働き方(雇用形態)

正職員とパートの違い

派遣職員のメリット・デメリット

パート・アルバイト・派遣


履歴書・志望動機・面接

履歴書の書き方

志望動機

面接のコツ

面接で聞かれることと答え方


給料

給料

待遇交渉

リーダーになって給料UP

給料が安いから抜け出す方法

夜勤・土日のメリット


介護の職場・仕事内容

在宅系と施設系の2種類

ディサービスの勤務時間

療養型通所介護とは?

ショートステイ

介護老人保健施設での仕事内容

特別養護老人ホーム

グループホーム

小規模多機能型施設

夜勤の勤務時間・業務内容

オープニングスタッフ

訪問介護(ヘルパー)に料理が苦手でもなれる?


資格

働きながら介護職員初任者研修の取得方法

介護職員初任者研修、実務者研修どちらがおすすめ?

ケアマネージャー

サービス提供責任者

生活相談員

福祉用具専門相談員

看護助手

主婦が介護の資格取得で再就職

優遇される介護の資格


介護福祉士

介護福祉士の体験談

介護福祉士の費用・最安値


看護師

看護師の転職(特別養護老人ホーム)

ユニット型特養

看護師と介護職員は仲が悪い


悩み・失敗

ブラック介護施設

1年目の悩み(人間関係・残業代・業務内容)

2年目の退職理由

3年目の壁

転職の失敗事例、2つの原因

介護転職の失敗例と対策

転職を繰り返していると採用に不利?(退職理由)

人間関係で失敗しないコツ

未経験から働き方のコツ


介護職員が知っておきたいこと

会議(ミーティング)のマナー

コミュニケーションに必要な自己覚知

バイスティックの7原則

成年後見制度とは?

リスクマネジメント

認知症ケア

要介護認定とは?


年齢別

40代女性の復職事情

50代女性未経験、転職のポイント

小さい子どものいる主婦

子供の急な病気で休みたい


その他

退職して後悔しない?

モチベーションの保ち方

介護の仕事に転職しようか迷っている人に!