本文へスキップ

40代・50代主婦、未経験・無資格から介護職員になるには?転職・再就職・求人の探し方。

介護職員への採用面接で必ず聞かれることと答え方



介護業界にいよいよ転職を決意された方もおられるのではないでしょうか。

特に初めて介護業界に転職される方にとっては、もっとも緊張される瞬間でもあるのが採用面接ではないでしょうか。

介護業界への転職に限らず、一般の転職においても言える事ではあると思いますが、採用面接時において必ず聞かれること・定番の質問というものが存在します。この必ず聞かれる定番の質問を抑えておいて、採用面接に臨んでほしいと思います。

面接で必ず聞かれること・定番質問

採用面接では、ほぼどの採用担当者においても用意をしている質問というものが存在します。

その質問は基本として3つありますので、必ず抑えておくようにしましょう。

1、「いままでどのような業務をしてきたのですか」
2、「なぜ転職を希望されたのですか」
3、「なぜここの介護サービス事業所を選んだのですか」

この3つが基本となります。必ず質問される内容となるでしょう。

1では、いままでのキャリアを確認します。どのような仕事で、どのような部署で、どのような事を任されて、どのように主体的にその仕事をしてきたのか、という趣旨について聞かれます。

2では、なぜ前職を退職してまで、この介護業界に転職を決意されたのかという転職理由について質問されます。

3では、前職場を退職して、この介護サービス事業所を選んだ理由について質問されます。

さらにこの3つに加えて、

4、「あなたの長所・短所を答えてください」
5、「これから何を目標にしたいと思っていますか」
6、「こちらに質問はございますか?」

という趣旨の質問もよくある内容ですので、押さえておいて頂きたいと思います。

4では、あなたの長所・短所、要するにあなた自身の自己PRを言って頂きたいと考えています。

自分自身がしっかりと見えているかについては介護業務においてとても重要な部分です。

しっかりと自分を見つめなおしておくことが重要です。

5では、新たに介護業界に転職されて、これからどのような仕事をしていきたいのか、どのようにスキルアップやステップアップをしていきたいのか、その目標をどこに定めておられるのかキャリアプランについてお聞きしたいと考えます。

6では、介護業界に対する質問、希望する介護サービス事業所への質問、その他気になる事に対する質問になります。

これらの質問については、一般的に定番と言われるものになります。

しかしこの質問にはこのように答えるという想定をしておくのではなく、一貫した内容を組み立てておくことが重要です。

ひとつひとつの答えを持ってしまうと、想定しなかった質問に答えた際に、前に答えた質問と整合性が取れないという事が出てきてしまうからです。

ここに挙げたものはあくまで定番であって、みなさんの本音を引き出そうと採用担当者は必死で質問をしてきますので、一貫した転職ストーリーを組み立てておくことが重要です。

採用面接ではあなたに何ができるのかをチェックしている!

採用面接では、緊張感があったりリラックスする場面があったりさまざまだと思います。

しかし、共通して言えることは、採用担当者はあなたが介護業界に入って、この介護サービス事業所に転職して、何ができるのか、どのような人物に成長できるのかを推察していると思っておきましょう。

そのために行う質問が先ほど述べた内容になるのです。おおむね上記6種類の質問において、募集している業務内容を任せることができるのか確認するのです。

質問の答えは具体的に!

この質問においては、抽象的な答えを行うと、「もう少し具体的に聞かせてもらっていいですか?」と聞かれることがあります。

このような質問があった時には、出来る限り具体的な内容を思いだして、分かりやすく答えられるようにしておきましょう。

この具体的な内容から、どのように今まで仕事に取り組んでこられたかという確認をすると同時に、これからこの介護サービス事業所を担う人物となり得るかどうかを確認しているのです。

介護サービス事業所としては、1から10まで教えるのではなく、やはり3から教える事のできる人であったり、1つ教えたら応用の効く人を採用したいと思っています。

そのためには、あなた自身が今までどのように主体的に仕事に取り組んできたのか、その姿勢を具体的に話すしかありません。

仮に違う業界のお仕事であったとしても、自分が頑張って取り組んできた業務については、介護業界の人に対しても理解されるように伝えなければなりません。

そのような話の中で、この人はここでも頑張って介護業務に取り組んでくれる事ができるだろうと推測することが出来るのです。

その今まで取り組んできた仕事を活かして、介護業務に対してどう取り組んでいくのか、その問いに関しては必ず具体的に答えられるようにしましょう。

もしも介護業界が初めてということであれば、なおさらです。

初めての介護業界、面接の答え方の2つのポイント

介護業界が初めてというのにも関わらず、大それた事をいう必要はまったくありません。

今まで取り組んできた仕事と福祉の仕事の接点を考え、自分にできそうなことをできるだけ具体的に答えましょう。

ポイントは、「いままで行動してきた具体的な内容」と「自分の介護業務に対する思い」の2つを外さないという事になります。

もしもあなたが「いままで行動してきた具体的な内容」において採用担当者から「もう少し聞かしてほしい」というような興味を持たれるということがあれば、あなたのアピールは成功していると捉えても良いでしょう。

この「行動」と「思い」はバランスがとても大事であって、行動ばかりでは自分のアピールばかりになりますし、思いばかりでは言うのは簡単だと思われてしまいますので、このバランスを考えながら答えることができれば、まったく問題はありません。


▼40代・50代主婦登録OK!
未経験可▼

介護専門求人サイト?かいご畑?

コンテンツ

★トップページ★


転職・求人サイト

介護転職・求人サイトの活用方法

秋(9月)に求人募集が増える


求人の探し方

働き方(雇用形態)

正職員とパートの違い

派遣職員のメリット・デメリット

パート・アルバイト・派遣


履歴書・志望動機・面接

履歴書の書き方

志望動機

面接のコツ

面接で聞かれることと答え方


給料

給料

待遇交渉

リーダーになって給料UP

給料が安いから抜け出す方法

夜勤・土日のメリット


介護の職場・仕事内容

在宅系と施設系の2種類

ディサービスの勤務時間

療養型通所介護とは?

ショートステイ

介護老人保健施設での仕事内容

特別養護老人ホーム

グループホーム

小規模多機能型施設

夜勤の勤務時間・業務内容

オープニングスタッフ

訪問介護(ヘルパー)に料理が苦手でもなれる?


資格

働きながら介護職員初任者研修の取得方法

介護職員初任者研修、実務者研修どちらがおすすめ?

ケアマネージャー

サービス提供責任者

生活相談員

福祉用具専門相談員

看護助手

主婦が介護の資格取得で再就職

優遇される介護の資格


介護福祉士

介護福祉士の体験談

介護福祉士の費用・最安値


看護師

看護師の転職(特別養護老人ホーム)

ユニット型特養

看護師と介護職員は仲が悪い


悩み・失敗

ブラック介護施設

1年目の悩み(人間関係・残業代・業務内容)

2年目の退職理由

3年目の壁

転職の失敗事例、2つの原因

介護転職の失敗例と対策

転職を繰り返していると採用に不利?(退職理由)

人間関係で失敗しないコツ

未経験から働き方のコツ


介護職員が知っておきたいこと

会議(ミーティング)のマナー

コミュニケーションに必要な自己覚知

バイスティックの7原則

成年後見制度とは?

リスクマネジメント

認知症ケア

要介護認定とは?


年齢別

40代女性の復職事情

50代女性未経験、転職のポイント

小さい子どものいる主婦

子供の急な病気で休みたい


その他

退職して後悔しない?

モチベーションの保ち方

介護の仕事に転職しようか迷っている人に!