本文へスキップ

40代・50代主婦、未経験・無資格から介護職員になるには?転職・再就職・求人の探し方。

グループホームへ転職。失敗しないために知っておきたいこと



各地域にグループホームがぞくぞくと作られています。それに伴いグループホームの求人もたくさん見かけるようになりました。

では、グループホームとは、どのようなサービスなのでしょうか。特別養護老人ホームとは違うのでしょうか。その中身について見ていきたいと思います。

介護の職場は2種類、在宅系と施設系があります

グループホームの概要

グループホームとは「認知症対応型共同生活介護」と呼ばれ、認知症の症状により、在宅での生活が難しくなった高齢者が、介護職員など専門職の支援を受けながら、生活する福祉施設の事を言います。

生活は利用者が1ユニット5〜9人の共同生活で行うもので、介護職員のサポートを受けながら、入居者は家事などを行い、出来る限り自立した生活を営んでいきます。

1つのグループホームには定員18名までしか認められておらず、18人定員のグループホームであるならば2ユニットでの共同生活ということになります。

入居できる方は、原則65歳以上の「要支援2」または「要介護1」以上の介護認定を受けている方であって、施設の所在地と同じ市区町村に住む方になります。

これはグループホームが地域密着型サービスとして機能しているためで、他の市区町村から入居することはできません。

国内の認知症の状況

日本国内に認知症を患っている人の数が2012年の時点で約462万人いるとされており、今後2025年には700万人を超えると言われています。

13年の間に1.5倍にも増えるという見通しなのですね。

この人数をもう少し具体的に言いますと65歳以上の高齢者の5人に1人が認知症であるという計算になります。

ちなみに2025年の高齢化率は、30%を超えると言われており、65歳以上の高齢者だけでも3人に1人近くになり、その高齢者の5人に1人が認知症なわけですから、全国民の15〜20人に1人くらいは認知症であるという恐ろしい数字が発表されているわけです。

ですので具体的に認知症の方々に対する情勢に合わせるように、グループホームの数も増え続けているのです。国の施策としても、これからもグループホームは増え続けていくことになるのだと思います。

グループホームでの介護業務について

原則としては介護施設となりますので、介護職員と利用者が共同で生活を営んでいく事を目的とした施設となります。ですので医療面でのケアを行う事はできません。

ただし医療専門職として看護師が配置されているところも多くあり(配置は必須ではありませんが)、健康管理や処置、投薬などが行われます。

また共同生活を営む事を目的としていますので、身体状況が悪化する事によって、共同生活ができなくなった場合には、退去の可能性もあるという事を理解しておかねばなりません。

介護職員が具体的に利用者とどのような共同生活を行うかと言いますと、特別養護老人ホームなどよりももっと利用者の生活に近いサービスであると言えます。

例えば食事については、利用者と近所のスーパーに買い物に行き、利用者と一緒に献立を考え、利用者と一緒に調理を行うといったことがなされます。

認知症であっても体は元気な方もたくさんおられますから、できることはどんどんして頂くことで、それが認知症に対するリハビリになりますし、身体の機能面においても維持することに繋がります。

またその利用者の状況に応じて、排せつ介助、入浴介助、食事介助、口腔ケアなども行われます。

グループホームの転職をおススメできる方

認知症ケアに興味があり、利用者と一緒に生活を営んでいきたいといった考えをお持ちの方にとっては、とても良い職場であると言えます。

利用者と共に毎日の献立を考え、一緒に買い物に行き、調理を行うといったことはとても楽しい現場が想像できますよね。一緒に掃除をしたり、レクリエーションで一緒に楽しんだり・・・。

高齢者介護の醍醐味を味わえるのがグループホームであると言えるかもしれません。

それと同時に大変な部分もお伝えしていきますと、介護職員の配置がそれほど多くないという事が言えます。ですので場合によっては日中であっても1ユニットに介護職員1人という事もあるでしょうし、夜勤においては実際1人で行っているところも多くあります。

そういう意味では、介護職員1人で様々な事を判断し、状況に応じた対応を行えるようにならねばなりません。

なかなかストレスのかかってくる場面というものも認知症介護においては多くあると思いますので、大変な場面に出くわすと介護に対する理想と現実のギャップを感じることもあるかもしれません。

グループホームの求人

グループホームは増え続けていますので、求人は常に出続けていると思って頂いて良いでしょう。

無資格の方の求人も多く出ており、正社員であればそこそこの給料で募集を出しているところも多くあります。

もちろん資格を有しているに越したことはありません。認知症介護は専門的な介護になりますので、それ相応の知識と技術が必要となります。グループホームへの転職を目指す場合は、早い段階で資格を取得するようにしましょう。

最後に

いかがでしたでしょう。グループホームに転職する一番のメリットは「認知症介護」の実践を学ぶことができる事にあります。

認知症の人はこれからどんどん増えてきますので、介護の仕事において認知症の人を除いて話をすることはもはやできません。認知症ケアの最先端をあなたもグループホームで学んでみませんか。

グループホームの求人はあなたの地域にもたくさん出ていると思います、優良なグループホームについては介護求人サイトなどに登録して、情報を得るようにしていきましょう。


▼40代・50代主婦登録OK!
未経験可▼

介護専門求人サイト?かいご畑?

コンテンツ

★トップページ★


転職・求人サイト

介護転職・求人サイトの活用方法

秋(9月)に求人募集が増える


求人の探し方

働き方(雇用形態)

正職員とパートの違い

派遣職員のメリット・デメリット

パート・アルバイト・派遣


履歴書・志望動機・面接

履歴書の書き方

志望動機

面接のコツ

面接で聞かれることと答え方


給料

給料

待遇交渉

リーダーになって給料UP

給料が安いから抜け出す方法

夜勤・土日のメリット


介護の職場・仕事内容

在宅系と施設系の2種類

ディサービスの勤務時間

療養型通所介護とは?

ショートステイ

介護老人保健施設での仕事内容

特別養護老人ホーム

グループホーム

小規模多機能型施設

夜勤の勤務時間・業務内容

オープニングスタッフ

訪問介護(ヘルパー)に料理が苦手でもなれる?


資格

働きながら介護職員初任者研修の取得方法

介護職員初任者研修、実務者研修どちらがおすすめ?

ケアマネージャー

サービス提供責任者

生活相談員

福祉用具専門相談員

看護助手

主婦が介護の資格取得で再就職

優遇される介護の資格


介護福祉士

介護福祉士の体験談

介護福祉士の費用・最安値


看護師

看護師の転職(特別養護老人ホーム)

ユニット型特養

看護師と介護職員は仲が悪い


悩み・失敗

ブラック介護施設

1年目の悩み(人間関係・残業代・業務内容)

2年目の退職理由

3年目の壁

転職の失敗事例、2つの原因

介護転職の失敗例と対策

転職を繰り返していると採用に不利?(退職理由)

人間関係で失敗しないコツ

未経験から働き方のコツ


介護職員が知っておきたいこと

会議(ミーティング)のマナー

コミュニケーションに必要な自己覚知

バイスティックの7原則

成年後見制度とは?

リスクマネジメント

認知症ケア

要介護認定とは?


年齢別

40代女性の復職事情

50代女性未経験、転職のポイント

小さい子どものいる主婦

子供の急な病気で休みたい


その他

退職して後悔しない?

モチベーションの保ち方

介護の仕事に転職しようか迷っている人に!