本文へスキップ

40代・50代主婦、未経験・無資格から介護職員になるには?転職・再就職・求人の探し方。

40代女性の復職事情。子どもが中学校に入ったタイミングでの再就職!



女性の中には子育てが始まるとともに、会社を辞めて家庭に入る人もいます。

しかし、子どもが中学校に入ると一気に手がかからなくなり、朝のお弁当を作ったら夕方の夕飯づくりまで自由に時間が使えるようになるのです。

しばらくは、自分の時間を謳歌しても限界があります。

子どもが中学校に入る40代半ば以降の時期は「そろそろ働きたいな」と思うころなのです。

しかし、出産と同時に退職した人はブランクが10年以上になっています。「今さら転職は無理だ」とあきらめる人がほとんどではないでしょうか。

実は、10年前と最近の転職事情は大きく変化しています。

今回は、40代半ばで「子どもの手が離れた女性の転職」についてお話しします。

主婦が介護の資格取得で再就職

「10年前よりも人手不足になっている」から転職しやすい

現在40代の人が大学を卒業して就職活動をしたころは、就職氷河期といわれたときではないでしょうか。

どこの企業説明会に行っても学生であふれ、採用担当者からは「例年ならば全員採用したいくらいみなさん優秀な方です。

しかし今年は3人採用になっています。申し訳ありません」と繰り返されていました。

50社受けても落ち続け、大学を出てアルバイト生活をしていた人も少なくない時代でした。

そのため、40代女性の多くは「転職を希望すれば、再び悪夢のような転職活動をしなければならない」と思うのかもしれません。

しかし時代は変わりました。

就職氷河期のように求人が少ないわけでもなく、ハローワークや転職エージェントに行ってみれば10年前よりもはるかに多い求人情報があります。

また40代女性の転職は「正社員」という雇用形態にこだわる必要がないのかもしれません。

条件を出すならば「厚生年金に加入できること」や「有給休暇がとれること」などではないでしょうか。

厚生年金に加入するハードルは、10年前よりも低くなりました。

有給休暇や時間外労働についても社会全体が厳しくチェックするようになってきたため「求人情報には書いてあったのに取得できない」ということは少なくなっています。

40代女性は、10年前の就職氷河期の思い出にとらわれず、思いきって転職活動を始めてみる価値があるのではないでしょうか。

正職員とパートの違い

中学校に入ると帰宅時間が一気に遅くなる

子育て中は「働きたい」と思っても、働ける時間が限られていることが多く面接を突破することは難しいことでした。

多くの女性は「子どもが小学校に入ったら働ける」と思っているようですが、小学生は午後3時には帰宅します。

本格的に働くとなれば、学童保育に子どもを預けることになるでしょう。そのため、多くの人は午前中だけのパート勤務を選ぶことになります。

しかし、午前中だけの仕事はとても少ないものです。思ったよりも希望する仕事がないため、結局働くこと自体を諦めてしまいます。

そして6年間が過ぎ、子どもが中学校に入るころにはブランクが10年以上になってしまい、さらに転職への道のりは遠ざかっていくことになるのです。

しかし実は中学校入学のタイミングが転職の絶好のチャンスなのです。

なぜならば、中学校に入学すると部活動が始まり、子どもの帰宅時間が一気に遅くなります。

夕方5時過ぎに帰ってくるだけでなく、中学生になれば多少の留守番ができるようになるのです。

小学生だったときには「午後3時には帰宅したから午後2時までしか働けない」という厳しい条件がありました。

しかし「午後5時まで働くことができる」という条件になれば、驚くほど求人数は増えるはずです。

ブランク10年は、確かにハードルになるかもしれません。

しかし採用担当者にとって「午後5時まで働ける」というポイントは、ブランク10年を超える魅力があるのです。

優遇される介護の資格

「中学校に入ると体が強くなる」から転職しやすくなる

採用担当者にとって、子どもがいる人を採用するときに一番気になることが「子どもの急病による突然の欠勤」です。

急な欠勤は、同僚に迷惑をかけることにもなるため、採用担当者は子どもの年齢が気になります。

子どもは、小さいうちは熱を出したり、流行りの病気にかかりやすいものですが、大きくなるにつれ体が強くなり、病気で学校を休むことも少なくなるものです。

とくに中学生になれば、自分である程度の体調管理もできるようになるでしょう。

採用担当者も「子どもが中学生です」と聞けば、急な欠勤は少ないだろうと考えます。

40代女性にとって、子育てと仕事との両立は大きな問題です。

「熱がある子どもを一人置いてまで働きたくない」と考えていた人でも、中学生になればその心配も少なくなるでしょう。

「最近の40代は若いときに働いた経験を持っている」から転職しやすい

最近の40代女性は、結婚や出産をする前に働いていた経験を持っている人がほとんどではないでしょうか。

「初婚年齢が遅くなっている」というニュースをしばしば耳にしますが、その分社会人経験を持っている女性が増えているということになります。

40代女性でブランクが10年以上あると、転職活動が不利になると思いがちです。

しかし、20代の全くの未経験者と比べれば、社会人経験が5年程度ある時40代女性のほうが有利に転職活動を進めることができるでしょう。

10年以上前に経験したことはすぐには思い出せないかもしれません。10年以上前に取得した資格の中には、現在はなくなっている資格も多いものです。

しかし、一度身につけたスキルは思い出せることが多いのではないでしょうか。現在はなくなった資格を持っていることが、逆に注目されることもあるのです。

未経験から働き方のコツ

最後に

「40代半ば女性でブランクが10年以上」ときくと、転職は難しいと思われてきました。

しかし最近は情勢が変わりつつあります。

少しでも有利に転職活動を進めるためには、ブランク10年をブランクとして扱わないことです。

10年の間に自分が何に力を入れてきたのかを面接で自信を持ってアピールしてみましょう。

介護転職・求人サイトの活用方法


▼40代・50代主婦登録OK!
未経験可▼

介護専門求人サイト?かいご畑?

コンテンツ

★トップページ★


転職・求人サイト

介護転職・求人サイトの活用方法

秋(9月)に求人募集が増える


求人の探し方

働き方(雇用形態)

正職員とパートの違い

派遣職員のメリット・デメリット

パート・アルバイト・派遣


履歴書・志望動機・面接

履歴書の書き方

志望動機

面接のコツ

面接で聞かれることと答え方


給料

給料

待遇交渉

リーダーになって給料UP

給料が安いから抜け出す方法

夜勤・土日のメリット


介護の職場・仕事内容

在宅系と施設系の2種類

ディサービスの勤務時間

療養型通所介護とは?

ショートステイ

介護老人保健施設での仕事内容

特別養護老人ホーム

グループホーム

小規模多機能型施設

夜勤の勤務時間・業務内容

オープニングスタッフ

訪問介護(ヘルパー)に料理が苦手でもなれる?


資格

働きながら介護職員初任者研修の取得方法

介護職員初任者研修、実務者研修どちらがおすすめ?

ケアマネージャー

サービス提供責任者

生活相談員

福祉用具専門相談員

看護助手

主婦が介護の資格取得で再就職

優遇される介護の資格


介護福祉士

介護福祉士の体験談

介護福祉士の費用・最安値


看護師

看護師の転職(特別養護老人ホーム)

ユニット型特養

看護師と介護職員は仲が悪い


悩み・失敗

ブラック介護施設

1年目の悩み(人間関係・残業代・業務内容)

2年目の退職理由

3年目の壁

転職の失敗事例、2つの原因

介護転職の失敗例と対策

転職を繰り返していると採用に不利?(退職理由)

人間関係で失敗しないコツ

未経験から働き方のコツ


介護職員が知っておきたいこと

会議(ミーティング)のマナー

コミュニケーションに必要な自己覚知

バイスティックの7原則

成年後見制度とは?

リスクマネジメント

認知症ケア

要介護認定とは?


年齢別

40代女性の復職事情

50代女性未経験、転職のポイント

小さい子どものいる主婦

子供の急な病気で休みたい


その他

退職して後悔しない?

モチベーションの保ち方

介護の仕事に転職しようか迷っている人に!