本文へスキップ

40代・50代主婦、未経験・無資格から介護職員になるには?転職・再就職・求人の探し方。

介護業界への転職、給料の条件交渉が可能なパターンとは?



介護職員をしていて2年目になると、また1年目の時とは違う感覚で介護業務を行う事になるのではないでしょうか。

新しい職員も入社し、自分自身が先輩として業務を教えるような場面も多くなってくると思います。いつまでも新人気分で介護業務を行えなくなる時期であるように思います。

そんな2年目の介護職員に多い悩みがあります。

1年目はとりあえず業務を覚えることが必至で、先輩に食らいついて業務を行う1年だったでしょう。

2年目になり、おおむね業務を自分自身のペースで行う事もでき、ある意味現場での介護業務は余裕も生まれていると思います。

しかしそんな時にこそ冷静に周りの事が見えだすものだと思います。

今まで見えてこなかった人間関係、職場、給料、休日など、実は周りと比べると自分は劣っているのではないかと見えてくる時期なのです。

そんな時に何かしら不満や悩みがあると、「これは退職すべき問題なのだろうか」「退職をせずにもう少し頑張ってみるべきだろうか」と悩んでしまうことになります。

もちろん1年目の時にも抱えていた悩みもあるでしょう。しかし1年目の時には分からなかった問題が2年目には現れてくるものです。

この介護職員の2年目であるからこそ起きる悩みごととその対処方法についてお伝えしていきたいと思います。

人間関係がさらに深く見えてくる事による悩み

先ほども申しましたが、介護職員1年目はとりあえずがむしゃらに働いている時期であると思います。

周りの事も見えずに、ただひたすら与えられた業務をたんたんとこなしていく。業務量は大変多く、毎日の業務を覚えるだけで必死な上に、たくさんの利用者について理解しなければなりません。

そんな中で介護業務の理想と現実を感じたものだと思います。

介護をしている高齢者も感謝される良い方ばかりではなく、わがままを言われてイライラしたり、良かれと思ってしている事で文句を言われたりするような事もあるでしょう。

そんな事があるたびに、「自分は介護の世界には向いていないのではないだろうか」と悩んでしまうのは1年目の職員です。

2年目からは、このような利用者がおられたとしても、自分自身がコントロールできるようになり、どんな事があっても冷静に対応できるようになってきます。

また周りも良く見えるようになり、現場の業務が楽しくなってきます。

しかし、2年目になると良いも悪いもよく見えてきますので、例えばサボっている先輩が分かるようになってきたり、ただ威張っているだけのリーダーの事も気になるようになってきます。

特にこの職員の人間関係というものは深いところまで目が行くようになり、言いかえれば人間の汚い部分まで見てしまう事もあるかもしれません。

職場内の恋愛であればまだしも、職員内での派閥なんていう事もあるかもしれません。

違う派閥の人と仲良くしたら、こちらの派閥には無視されるようになったなんて事もあるかもしれません。

そんなことがあってもリーダーや主任、部長や管理者も見て見ぬふりなんて事もあれば、「この職場は間違っているのではないか」と思うようになってもおかしくありません。

そんな時に2年目ともなると外部である研修に参加し、近隣にある介護サービス事業所の職員とも仲良くなる事もあります。

そうするとほかの介護サービス事業所の状況を知ることとなり、みなさんの地元にある介護サービス事業所で評判が良いところもだんだんわかるようになります。

そうなるとやはり、所属している介護サービス事業所の不満が浮き彫りとなり、「別のところで働きたい」となってしまうのです。

しかし、この感情がわき起こったとしても、少し冷静になることをおススメします。誰だって隣の芝生はキレイに見えるものです。

自分の現場の現状が酷い状況であるとしか捉えることができない事はよくあることなのです。

そんな時に退職するのではなく、自分自身の目標や現在の役割など、もう一度冷静に考え直してみると良いでしょう。

仮に退職し、違う介護サービス事業所に転職したとしても、また同じ悩みにぶつかるだけなのです。

そうです、これはその介護サービス事業所の問題ではなく、自分自身の問題としてとらえることが正解です。

自分がさらに成長するべき時が来ているのだと把握して、今できる業務に取り組むことが必要です。

介護業務へのモチベーション

何かのきっかけで、介護業務に対するモチベーションを下げてしまう事があります。

例えば利用者とのやり取りで嫌な事があると、「もうこんな想いをする仕事は嫌だ」と思うかもしれませんし、夜勤明けの疲れている時には「こんな仕事はいつまでもできないな」と思い、事務仕事などしたいと思うようになるのかもしれません。

プライベートで外出すると、楽しそうに働く店員さんを見て、自分自身が悲しくなってしまう事もあるかもしれません。

特に2年目となると、おおむね現場でのルーティン業務はできるようになっているでしょう。

現場での介護業務において、いま何をしなければならないという事が分かっていて、その業務についてもわりとテキパキこなすことができるようになる頃だと思います。

そんな時に、周りが楽しそうで、自分自身も介護で学ぶことがなくなったという錯覚が起きてしまう時期なのだと思います。

しかし介護の世界は、始めて2年目くらいではまだ何も分かっていない状況と変わらないというのが私の意見です。

例えば介護技術においても、ある程度できるようになったとしても、まだまだ奥深いものがあります。

理学療法士などが行うポジショニングと言われる高度な技術を得ることができて本物の介護職員だろうと思います。

またコミュニケーション技術、介護・医療に対する知識など、学ぶべきものはまだまだたくさんあります。

これからまだまだ介護の深いところを学んでいく途中ですので、ここで辞めてしまっては、やはりどの分野に行っても中途半端な人生を歩んでいくことになるでしょう。

介護の世界は3年目、5年目、10年目と、それぞれで覚えていくことがあります。それが介護職員としての魅力なのです。

みなさんが少し仕事ができるようになったからと言って、諸先輩から見たら「まだまだ」にしか見えていないものなのです。

もしも今後、他職種に転職するにしても、介護職員の奥深さをもう少し実感してから他職種への転職を検討してみることが良いのではないかと思います。

2年目で転職することはとても不利になるという事を知っておこう

先ほども申しましたが、2年目の介護職員は諸先輩から見るとまだまだ学び足りない段階です。

ですので、この時期の転職となれば、確実に不利になるという事を肝に銘じておかねばなりません。

転職希望の新しい職場の採用担当者からしても、根気がないと捉えられてもおかしくないと思います。どんな理由があるからと言えども、そう思われるのは免れません。

そういったデメリットがあるのを覚悟しておく必要があります。

もしも諸事情での転職ということであれば、前職の不満を抱きながらではなく、次の職場での目標をしっかりと定めて、次こそは長い期間、働けるように努力しましょう。


▼40代・50代主婦登録OK!
未経験可▼

介護専門求人サイト?かいご畑?

コンテンツ

★トップページ★


転職・求人サイト

介護転職・求人サイトの活用方法

秋(9月)に求人募集が増える


求人の探し方

働き方(雇用形態)

正職員とパートの違い

派遣職員のメリット・デメリット

パート・アルバイト・派遣


履歴書・志望動機・面接

履歴書の書き方

志望動機

面接のコツ

面接で聞かれることと答え方


給料

給料

待遇交渉

リーダーになって給料UP

給料が安いから抜け出す方法

夜勤・土日のメリット


介護の職場・仕事内容

在宅系と施設系の2種類

ディサービスの勤務時間

療養型通所介護とは?

ショートステイ

介護老人保健施設での仕事内容

特別養護老人ホーム

グループホーム

小規模多機能型施設

夜勤の勤務時間・業務内容

オープニングスタッフ

訪問介護(ヘルパー)に料理が苦手でもなれる?


資格

働きながら介護職員初任者研修の取得方法

介護職員初任者研修、実務者研修どちらがおすすめ?

ケアマネージャー

サービス提供責任者

生活相談員

福祉用具専門相談員

看護助手

主婦が介護の資格取得で再就職

優遇される介護の資格


介護福祉士

介護福祉士の体験談

介護福祉士の費用・最安値


看護師

看護師の転職(特別養護老人ホーム)

ユニット型特養

看護師と介護職員は仲が悪い


悩み・失敗

ブラック介護施設

1年目の悩み(人間関係・残業代・業務内容)

2年目の退職理由

3年目の壁

転職の失敗事例、2つの原因

介護転職の失敗例と対策

転職を繰り返していると採用に不利?(退職理由)

人間関係で失敗しないコツ

未経験から働き方のコツ


介護職員が知っておきたいこと

会議(ミーティング)のマナー

コミュニケーションに必要な自己覚知

バイスティックの7原則

成年後見制度とは?

リスクマネジメント

認知症ケア

要介護認定とは?


年齢別

40代女性の復職事情

50代女性未経験、転職のポイント

小さい子どものいる主婦

子供の急な病気で休みたい


その他

退職して後悔しない?

モチベーションの保ち方

介護の仕事に転職しようか迷っている人に!